かにすきの作り方とかにの種類

かにすきの作り方とかにの種類

かに好きの人にはたまらないのが、かにすきです。その作り方や種類について、ご紹介しましょう。
冷凍物などでも、年中見かけることが多いのですが、旬のものは当然味が違います。ですから、その時期を良く知って取り入れるようにしたほうがよいでしょう。

 

まずは、ズワイガニです。ズワイは、日本海側の地域、福井や石川などの沖合いで冬場に獲れるのですが、大きく、実がぎっしり入っているので、全国的にも有名であり、甘みが強く、人気があります。また、かに味噌もたっぷり詰まっているのです。
次に、タラバがにです。タラバは北海道沿岸で、冬場に鱈と漁場が重なるので、この名がついたといわれます。やはり、実がぎっしりと入っているために、全国的にも人気があるのです。とても美味しいので、お土産に購入する人も多いのです。

 

そして、毛ガにです。毛がには北海道のほかにも日本海側で、冬から春先に掛けて収穫されます。
さて、かにすきに向いているのがうまみの強いズワイガニです。タラバは味が淡白、毛がには生臭いので鍋系には不向きです。

 

かにすきの作り方は簡単、かには食べやすいようにさばいておきましょう。
昆布やかつおでだしをとっておき、土鍋等に野菜やかにを入れて煮込みます。
こんなに簡単な作り方で、絶品のかにすきができるのです。かに酢を作っておくとよいでしょう。"